読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人が読みたいブログ

生活を楽しくするような小ネタ、ニュースを掲載するブログ

今更ながら、アイサイトにしっかり乗ってみた!【スバル フォレスター 2.0XT EyeSight】

自動車
スポンサーリンク

先日マイカーの点検があり、数日スバルのディーラーに車を預けました。

その際に営業マンが代車で出してくれたのが、

試乗車にもなっている現行の【フォレスター 2.0XT EyeSight/AT】(SJ型)。

f:id:fumigucci_1:20150421143637j:plain

画像出典:SUBARU オフィシャルウェブサイトhttp://www.subaru.jp/forester/forester/#imgbox05_lead

 

実際の写真は撮り忘れたので、文章だけでご容赦ください。

 

代車として試乗としては、計3日間、計100km程度。この短い時間だけでも充分実感できたのでレビューを行います。

スバル  フォレスター 2.0XT  EyeSight/AT レビュー

エクステリア

最近のスバルっぽいデザイン。

一昔前のスバルデザインは見慣れるとかっこよくみえる感じでしたが、最近は一目見てかっこいいと思えます。

XTグレードは所謂CMにも使われるイメージグレード。そのフロントは精悍かつワイルドな顔で素直にかっこいいです。NAモデルのフロント周りはターボモデルと比べると物足りなさを感じます。

リアデザインは、もうちょっと力強さがほしいのが個人的な感想。

全体的には、少し角ばった本格的なSUV車として、都会でもオフロードでも似合うスタイルかと思います。

 

インテリア

ブラックが基調でスポーティ。インパネのピアノブラック塗装も好みです。

派手さはありませんが、インパネ周りやエアコンの操作部も視認性が良くてGOOD。

ただ今どきの車にしてはナビの位置が若干低いように感じます。運転の際に目線が落ちてしまうのは残念です。(でも実際はそんなに注視する事ないので重要性は低いですが。。)

 

視界・アイポイント

背の高いSUVだけあって、視界は良く運転はしやすいです。

 

エンジン・走行

ターボモデルなので必要充分なパワー。

SIドライブの「Iモード」で信号待ちからのスタートや、巡航からの加速も全くストレスありません。

「Sモード」、「S♯モード」にするとレスポンスはかなり変わります。特に「S♯モード」ってどこで使うんでしょう?ってくらい、尖がった走りができます。

総じて、運転するのが楽しいです。

 

乗り心地

比較的硬めのほうなのでしょうか。しっかりしたストロークもで良い足回りだと思います。

後席は足元も広く、ゆったり座れます。運転手でなくても乗っていて楽だと思います。

 

アイサイト

アイサイトのために最新のスバルに乗り換えてもいいと思うほど、乗り換えなさいと言いたくなるほど魅力的な装備です。

このフォレスターのアイサイトは≪ver.2≫。(最新のインプレッサやレヴォーグ、アウトバックなどのver.3)

アイサイトは「ぶつからない車」で世間に浸透しましたが、このフォレスターに搭載のアイサイトは、「衝突回避はもちろん、クルーズコントロール(クルコン)と連動し、先行車を確認すると一定の車間距離を保ちつつ追従走行します。先行車が停止すると、こちらも自動で減速と停止。」

つまり・・・、クルコンを設定すると、設定速度の範囲の中で、前に車がいればその速度に合わせて車間距離をしっかりとって走ってくれて、前の車が停止すればコチラもしっかり停止してくれるわけです。

なので最初にクルコンを設定さえすれば、停止までブレーキ・アクセル操作がほとんどいらない状態で運転が可能になります。(あぐらをかいて運転して言い訳ではありませんが。。。)

これは高速道路や郊外の幹線道路を巡航するときだけではなく、多少ストップ&ゴーが多い市街地内でもかなり使える装備でした。

 

余談ですが、アイサイト付のインプレッサに乗っている友人が、「アイサイトがない車に乗るのが怖い」と言っていたことがあります。このアイサイトの衝突回避性能の高さと、クルコンとの連動が、安心感と運転の快適性を高めてくれているからだと、筆者も数日の試乗ですが思いました。

 

総評

家族4人程度であれば、ミニバンでなくても十分な室内スペースで、長距離ドライブ、スキーなどのレジャー、普段の買い物まで、オールマイティに使えると思います。

非常によくできた車です。

 

最後に

この車を検討する人だと、日産エクストレイルやマツダCX-5あたりも検討してくるのかなと思います。検討の際には、よーく、アイサイトも使ってみてくださいね。