読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人が読みたいブログ

生活を楽しくするような小ネタ、ニュースを掲載するブログ

ピレリ チントゥラートP1 【レビュー】

スポンサーリンク

PILELLI  CINTURATO P1

何のことか分からない人には分からない話題かもしれません。

一応、自動車のタイヤの話題です。。。

 

nacciの愛車の夏タイヤ(横浜タイヤ  DNA S.drive(Sドライブ))が5年の利用でもう限界を迎えたため、このたび新しいタイヤ購入を行いました。

 

現在の履いているサイズが【215/45/R18】。
もともとタイヤの価格もそれなりにしてしまうサイズではありますが、今回のタイヤの購入にあたっての条件は以下の通り。

  • 家族を乗せて走るので、タイヤ本来の安心感は欲しい
  • アジアンタイヤは検討外
  • あまり値段の高いタイヤも買えません。。。
  • 攻めた走りはしないけど、コーナーでの安心感は欲しい
  • ロードノイズもできれば静かな方がいい
  • 長持ちする方がいい
  • エコ的な要素もほしい

いろいろ希望出しすぎ??
安めの価格で探してるのに、条件が贅沢だ!なんて声も聞こえそうですが。。。。

 

実は昨年からタイヤの購入は検討しており、

ネットやお店の店員さんに話を聞いたりと、いろいろ調べて検討した結果、該当したのが

『ピレリ チントゥラートP1』でした。

「ファルケンのZIEX(ジークス)」も最後まで候補に挙がりましたが、レビューなど見るとロードノイズが大きそうだったので、今回は『ピレリ』に決定!

 

この「チントゥラートP1」、メーカーのサイトを見ると

キャッチコピーは

並みのモノではない

商品概要は

ドライ・ウェットを問わないコントロール性の良さと高いコンフォート性能。環境性能や安全性も高いスタンダード・グリーン・パフォーマンス・コンフォートタイヤ

 引用:ピレリジャパン ホームページより

CINTURATO™ P1™, 乗用車用タイヤ, Summer tyre | PIRELLI 日本

 

これだけでも結構期待させられます\(^o^)/ 

 

ベーシックグレードにカテゴリー分けされそうですが、「コンフォート性能」や「寿命」、「ハンドリング」や「ウェット性能」も高めのタイヤです。

 

余談ですが、『CINTURATO』、日本語表記させると、ここではメーカーサイトの名称と同じ『チントゥラート』としてますが、他のサイトでの記載は「チンテュラート」「チンチュラート」「チンチラート」。。。どれが正しいんでしょうか??

 

f:id:fumigucci_1:20150321154451j:plain

 

レビュー

■スペック
  • タイヤ銘柄 「ピレリ チントゥラートP1」
  • タイヤサイズ 「215/45/R18  93W  XL」
  • 購入価格 13,000円(1本の価格)
  • 装着車種 「スバル レガシィ・ツーリングワゴン3.0R(BPE)」

 

さてここからが実際のレビューです。

以前のタイヤが「横浜タイヤ  DNA S.drive」。

さすがに5年使用したタイヤと比べてはいけませんが、乗り出した瞬間から違いが出ました。

 

■ハンドリング感覚

以前は、「硬い」というイメージだった足回りが、「コシのある硬さ」に変わりました。

ごつごつしたハンドリングだった感じがも無くなり、タイヤが道路の凸凹を上手く吸収しながらハンドルに路面状況を伝えてくれている、とでも云えばいいのでしょうか。

かといって、やわらか過ぎる訳ではないので、一般的な速度+アルファの速度で入ったカーブでもタイヤが負けるとか、運転していて怖い印象はありません。

ハンドルの切り始めも、以前のS.driveに比べるとクイックさはスポイルされますが、それもほんの少しの違いです。曲がり始めてくれるな、と思わせるタイヤのしなり具合はいい感じです。

 

■グリップ力

ハンドリングのところでも書きましたが、早めの速度のカーブでも安心できます。

さすがにS.driveよりは負けると思いますが、スポーツ走行するわけでもないので、私のような一般ドライバーには必要充分です。

 

■ウェット性能

 雨の日の深い轍(わだち)の水たまりを走っても、全く不安はありません。

しっかりタイヤが排水してくれているのだと思います。

 

■乗り心地

タイヤを変えてこんなにも乗り心地が良くなるのかと驚きました。家族も同乗していてその変化にしっかり気づくほど。

タイヤ自体で細かいショックを吸収してくれているおかげだと思います。

大きな段差を乗り越える際でも今まで「ゴン」って感じが、「トン」の表現です。

 

■ロードノイズ

さすがに、レグノとかの静粛タイヤとは比べられないと思いますが、かなり静かで満足です。

以前のS.driveが溝もかなり減っていてロードノイズが大きくなったこともあると思いますが、急に静かになった印象です。

実際、今までより車内で聞く音楽の音量も落ちました!

エアコンの風の音もしっかり聞こえるようになってしまったのは。。。それだけ静かになった証拠でしょう。

感覚としては「ザーッ」から「サー」の表現です。

 

■高速性能

高速道路の運転も、しっかりした安定感もあり走っていても気持ちがいいです。

意図的にハンドルをふらつかせたような運転の際も、しっかりしたハンドリングをみせてくれます。

高速走行のロードノイズもうるさいとは思えません。

 

■転がり抵抗

細かいことは分かりませんが、タイヤがスムーズに回ってくれているのだと思います。アクセルを緩めてもスーっと走って行ってくれる感覚があります。

 

総 合

本当にこの価格でいいんですか?というタイヤ。
もう少し価格が高くても充分に価値がみいだせます。
コストパフォーマンスは非常に高いです。

 

スポーツ走行というベクトルに特化すると弱さを感じますが、一般的+α(アルファ)な走行をするドライバー、家族を乗せて長距離ドライブする人にとっては、非常に魅力的に快適に使っていただけるタイヤではないかと思います。

 

「価格は抑えつつ、性能の良い、安心できる」タイヤをお探しの方、この「ピレリ チントゥラートP1」はおススメです!!