読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人が読みたいブログ

生活を楽しくするような小ネタ、ニュースを掲載するブログ

子供と楽しむガンダム!【ガンダムビルドファイターズ】

スポンサーリンク

『機動戦士ガンダム(MOBILE SUIT  GUNDAM)』

日本中で、内容は知らなくてもこの名前を聞いたことない人って居ないのではと思うくらい名前が浸透している有名なロボットアニメ。

1979年4月に放送が始まった「機動戦士ガンダム」(ファーストガンダム)を原点として、数多くのTVシリーズ・OVAが製作され、今現在も新しいシリーズが放送されてます。

 

オンエアー(OA)で観ていたシリーズは年代によって違うと思いますが、そこから「ガンダム」というキーワードで過去の作品や新作を観てはまってしまうファンの方も多いのもこのガンダムの特徴です。

 

私はファーストガンダムをOAでリアルタイムで観ていたかどうかの記憶はあいまいですが、再放送は何度も観ていますし、ファーストガンダムの続編「Zガンダム」はリアルタイムで観ていた世代です。

しかしその後はだんだんと離れてしまい、いくつかのシリーズを飛ばして、『機動戦士ガンダムSEED(シード)』で出戻り。現在までは新しいシリーズが始まる毎にOAで欠かさずみている人間です。

 

 

最新のシリーズ

今現在も、「ガンダム」シリーズはTV放送しております。

現在TVで放送中の「ガンダム」を冠している作品は2つ。

 『ガンダム Gのレコンギスタ』はファーストガンダムの総監督も務めた富野由悠季氏の作品。この作品も大変面白いのですが、

今回は【子供と楽しむガンダム】という話題なので、ガンダムを離れてしまった世のお父さんたちが子供と一緒に楽しむために観てもらいたいのが
ガンダム ビルドファイターズ』!

 

 

ガンダム ビルドファイターズ

コレ、簡単に説明すると、

≪時代や生活環境の設定は私たちが住む現実世界とほぼ同じ世界。そこではガンプラ(ガンダムのプラモデル)を作って、その出来上がったガンプラを操作して戦闘・対戦させる「ガンプラバトル」が世界中のガンダムファンに注目され、世界大会が開かれるほど。そんな世界で中学生の主人公の少年が、自身の制作したガンプラで「ガンプラバトル」を勝ち上がってゆくというようなストーリー。

現在OA中の『ガンダム ビルドファイターズトライ』は、『ガンダム ビルドファイターズ』の続編になる2作目です。

 

いわゆるガンダムの派生的(?)アニメですが、この作品の中ではオリジナル作品に出てくる(通常販売している)「ガンプラ」をベースにカスタマイズした登場人物オリジナルの「ガンプラ」が画面狭しとバトルする映像は、非常にガンダム的な映像で観ていても非常に面白いです。

 

プラモ狂四郎と似ている?

ある程度の年代の人にはわかると思うのですが、この『ビルドファイターズ』は、その昔「コミックボンボン」で連載していた『プラモ狂四郎』に近い作品と思います。

プラモ狂四郎が【パーフェクトガンダム】を製作して操っていたように、

ビルドファイターズでは、
一作目では主人公のイオリ・セイが【スタービルドストライクガンダム】を、
現在OA中のビルドファイターズトライでは主人公カミキ・セカイが【トライバーニングガンダム】を製作したり操っていたりします。

それぞれ一般的に販売しているガンプラをベースにしたオリジナルの機体に主人公が実際に乗り込んでいるかのように操作して戦闘しています。

 

ダンボール戦機とも似ている?

「ダンボール戦記」。私はそんなに詳しくありませんが、前述の「プラモ狂四郎」のくだりのように、一般の学生がロボットモデルを組み立てて戦闘していくストーリーは、「プラモ狂四郎」や『ビルドファイターズ』ともベースは近いと思います。

このダンボール戦記も子供たちの間では大ヒットした作品。これも続編が続いています。

うちの子供も、ビルドファイターズが放送される前にはハマっていました。

 

子どもにも親しみやすい

個人的に「子どもの視点」で観て一般的に「ガンダムが難しい」と考えるのは、主人公の心情や葛藤なども含め、良く出来上がってしまいっている「ストーリー」。

ある程度の年代、中高生以上やしっかりとした大人が楽しむには充分な内容に仕上がってますが、特に小学校低学年くらいまでの子供となるとその内容を理解していくのが難しいのではないかなと思います。

もちろんストーリーが理解できない子供でも、ガンダムなどのモビルスーツの戦闘しているシーンはカッコイイ!面白い!と思って観ていると思いますが。。。

 

そんなガンダムシリーズの中でこの『ガンダム ビルドファイターズ』は、

  • 「ガンプラ」という割と身近な存在が題材になっていること、
  • 「ガンプラバトル」の大会で主人公が成長して勝ち上がっていく分かりやすいストーリー設定、
  • 内容が子供にも分かりやすく、主人公も現実的な存在なので「のめりこめる要素」がある

作品と思います。

 

「アニメ」も「ガンプラ」も一緒に楽しみましょう

この『ビルドファイターズ』の作品ででてくるガンプラは、実際にバンダイからそれぞれ発売されており、おもちゃ屋さんでは普通に販売しています。

 

昔、ガンダムやガンプラにハマったお父さん・お母さんたちが、今度は子ども達と一緒にTVを観て、そして一緒にガンプラ製作を楽しめる作品。

私も子供と一緒になって観て、その子供もガンプラに興味が出たので一緒に作ったりしています。

ガンプラも、子供が興味持つものと、大人が興味持つものが違いますが、それぞれで興味持ったガンプラを購入して製作しても、一つのものを一緒になって製作していくものまた面白いですよ。

実際我が家でも、子供が初めて選んだガンプラは「スタービルドストライクガンダム」。組み立てはにちょっとややこしいところだけ手を出しましたが、夢中になって作ってました。

 

昔取った杵柄(きねづか)とも言いますが、世のお父さん方、是非お子さんとガンダム・ガンプラを楽しんではいかがでしょうか!!

  

  

HGBF 1/144 トライバー二ングガンダム(ガンダムビルドファイターズトライ)

HGBF 1/144 トライバー二ングガンダム(ガンダムビルドファイターズトライ)

 

  

  

1/1 ダンボール戦機W(ダブル) LBX 031 イカロス・ゼロ

1/1 ダンボール戦機W(ダブル) LBX 031 イカロス・ゼロ