読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人が読みたいブログ

生活を楽しくするような小ネタ、ニュースを掲載するブログ

会話ネタに困る営業マンは【AMラジオ】を聴け!

スポンサーリンク

f:id:fumigucci_1:20150412162426j:plain

営業のみなさん、営業先で会話のネタに困ってませんか?

 

私も営業の仕事は長いのですが、新入社員のころは何を話したらいいのか?とか、何回も会う人と雑談するにも話の掴み(ネタ)が無いとか、苦労してました。

でも最近はそんなことで苦労したことはあまりありません。

経験が長くなったからなのかもしれませんが、話のネタになるような情報が多くなっているからかもしれません。

ここでは【営業先での会話や話題作りに苦労している皆さんにおススメしたいこと】を記事にします。

 

 

営業途中にAMラジオを聴く

営業先に訪問するための手段も会社や地域でもさまざま。
その移動途中、車を使って営業する人であればその車中で音楽を聴いたりラジオを聴いたり、公共機関の電車とかで移動する人でも本を読んだり音楽聴いたりしていると思います。

 

その移動途中で話のネタを仕入れるのに丁度いいツールが「ラジオ」で、今回取り上げたいのが『AMラジオ』!

車の人は「カーラジオ」で、電車やバスなどで移動する人は「携帯ラジオ」やスマホのアプリ「radiko(ラジコ)」などでも聴くことができます。

私も後輩や部下には必ずこの話をしていていますが、実際に評判もいいですよ。

 

 

FMじゃ、だめなのか?

同じラジオでもFM放送もあります。

FMでもいいのですが、FMじゃあ「弱い」んです。

何がって・・・、「話題の幅」が。

FMでも素晴らしい・面白い番組は多くありますよ。。。
ただFMの番組は(これから書く内容はFM好きの人からは怒られそうですが)超個人的意見で言わせてもらうと、「若い人寄り」「パーソナリティーのファンに向けた」番組が多く、幅の広い世代に向けた情報や話題が比較的少ないと感じます。

 

だって営業先で商談する相手の人は、
【法人向け営業】の場合はある程度の決定権や判断を持てる人(=比較的年齢を重ねた人)が出てくることも多いですし、
【個人向け営業】の場合でも、よほどターゲットを絞った商品でない限り、年齢層の幅は広くなりがちです。

 

そういった幅広い年代の人を相手にした「話のネタになるような情報や話題」が多いのが『AMラジオ』の番組の特徴です。

 

 

AMラジオの番組って?

AMラジオは局や番組も多い放送です。

その中でも「話のネタになりそうな情報や話題」が多いのが「地域の民放局」の番組

局によっても地域によっても違いはありますが、番組は大まかには「朝」「午前」「昼」「午後」「夕方」でそれぞれ番組のある構成。

移動時間中に聴くのでどの時間帯の番組が良いとは一概には言えませんが、どの時間帯でも、「今話題のニュース」「政治・経済・国際・社会などの時事」「地域ニュースや地域のイベントや催し」「天気」「季節」「ゴシップ」「エンタメ」「スポーツ」など様々なキーワードを切り口にした情報や話題で番組を放送していることが多いと思います。

 

 

相手と共有できる話題

番組の中で様々あるキーワードの中でも、会話の話題に有効な内容が「地域に関した情報」。

 もともとが地元の人間でも知らないことって多くあります。また転勤などで他県から来た人にとっても地域を知れる情報ともなります。

また相手先も(地元の人だろうが県外から来た人だろうが)住んでいるのは大抵その地域なので、お互いに【共有できる話題】にもなりやすい内容です。

 例えば。。。
「今週末〇〇の場所で□□なイベントやるそうですが、行かれたことありますか?(行きますか?)」とか、
(ラジオで聴いた情報の催しなどに実際に行って)「この前△△に行ってきましたが、人が多くて大変でしたよ!でも××が面白かったですよ!」など。


相手の年代にもあまり関係が無く、それでいて相手も知ってそうな・場合によっては興味持ちそうな話題で会話の糸口をつくることが可能です。

 

 

会話の「引き出し」が多くなる!

こういった地域ネタでなくても、様々な情報や話題が多いのが「AMラジオ」の番組。

そこで聴いた(仕入れた)内容は自分の「会話の引き出し」を多くしてくれるはずです。

 

営業の場合、相手と共通の話題ができるとそこから会話が広がって相手の情報が分かってきます。

相手の情報【=興味持っている事、趣味、家族構成など】が分かると会話のネタも作りやすく、会話もしやすくなります。

特に初対面の場合や、何度も会っていてもちっとも相手の情報が出ないときなど、ラジオで聴いた些細な情報が相手の心を開いてくれたり、気まずいムードを打破してくれることも多いです。

 

「引き出し」を多く持つことで、相手との会話にも苦労しなくなってきます。

 

 

まとめ

私はいろいろな地域へ転勤しましたが、必ずその地域のAMラジオ番組を聴きます。それによって地域の事も理解できるし情報も仕入れられるから。

 

この記事ではAMラジオの話をしましたが、ここで書いたようなことはFMラジオの番組でも出来る事でもあります。

しかし、本当に会話ネタに困っているのであれば、まずはAMラジオ、聴いてください。

 

 AMラジオの番組って聴きなれない人には抵抗感みたいなものがあるようです。実は私もそうでした。

でも一度聴きはじめてみると、その面白さにもハマってしまいますよ♪

 

SONY FMステレオ/AMポケッタブルラジオ M98 シルバー SRF-M98/S

SONY FMステレオ/AMポケッタブルラジオ M98 シルバー SRF-M98/S

 

  

東芝 AM/FMポケットラジオシンセチューナーTOSHIBA TY-SPR2S