読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人が読みたいブログ

生活を楽しくするような小ネタ、ニュースを掲載するブログ

【新築・リフォーム】内装材やクロスはインテリアの基本!

インテリア 住宅 悩み 生活
スポンサーリンク

住宅の新築やリフォームをおこなう場合、「内装材(室内建具や床)」や「クロス(壁紙)」のデザインや色、柄を決める打ち合わせが待っています。

でも、いざ決めなければならないとなると、迷ってしまったり悩んでしまうもの。

 

私も家を新築する際には夫婦でいろいろ悩みました。

f:id:fumigucci_1:20150601204109j:plain

 

業者選びや、図面を作成していく段階でも「どんな雰囲気にしていきたいか?」という考えはもちろんあると思います。

断熱性や耐震性など住宅の性能はもちろんの事、自分たちが理想とする雰囲気の住宅を具現化してくれるのかというのも業者選びの重要な部分だと思います。

(極端なたとえで申し訳ないのですが・・・、例えば丸太のログハウスの業者に、南欧風の家や純和風な雰囲気を求めても、正直無理がありますよね。。。)

 

業者も決まり・間取りや外観も決まり、いざ具体的な内装などを最終決定させる打合せとなると、(ある程度イメージは固めていても)正直また悩んだりします。

 

今回は内装やクロスそのものを「どうしたらいいか?」というよりは、「どのように考えておけばいいのか」という視点で記事を記載します。

 

 

内装やクロス(壁紙)はインテリアのベース

内装や壁の色で家の雰囲気はガラッと変わります。

一般的なインテリアのスタイルをざっと挙げると、

  • ナチュラルな北欧スタイル
  • クールなモダンスタイル
  • ヨーロピアンなクラシックスタイルやエレガントスタイル
  • 懐かしさを覚えるカントリースタイル
  • アジアンや和風スタイル などなど。

 

こういったインテリアスタイルは「家具」や「雑貨など」でも雰囲気づくりをすることも可能ですが正直限界もあると思います。

やはり内装やクロス関係はそのインテリアのベースになるもの。

しっかりしたベースに、そのイメージに合った家具を配置するとインテリアの雰囲気もより洗練されます。

よって、内装やクロスは結構重要なファクターです。

 

また、そこまでのこだわりが無いとしても、「現在持っている家具」に合わせたり、「新しい家具を購入」する場合でも、事前に購入する家具の目星があればそれに合わせて内装をきめていくだけでも統一感も生まれますよ。

 

 

内装で決める色は?

ちなみに内装で決める「モノ」は、一般的には次のモノがあります。

形状やデザイン、材質、そして色や柄の選択をしていかなければなりません。

  • 床(フローリングやクッションフロア、玄関タイル、畳など)
  • 建具(ドア、扉)
  • 建具関係の取っ手関係
  • 建具の枠
  • 巾木(壁と床の間の造作材)
  • 廻縁(壁と天井の間の造作材)
  • サッシ本体のフレーム
  • サッシ枠(サッシの周りにつく造作材)
  • 階段の踏板や蹴上板
  • 階段手すり
  • カウンター材や棚板
  • 壁(クロス、塗り壁など)

ようは「室内で見えるモノすべて」ですね。

 

施工会社によっては「廻縁やサッシ枠などは付けない」とか、「無垢の材をそのまま使うから色の選択肢は無い」というモノもあるかと思います。

それはそれとしても、決めなくてはいけないモノって意外と多いものです。

 

これらの形状やデザイン、そして色目って普段の生活の中ではあまり意識していないと思います。書いている私もそうです。

ですが、いざ「決めてください!」と云われると、多くの人がその段階でそれぞれのモノを意識するようになります。

 

 

どうやって決めればいいのか?

床の色、建具のデザインや色、壁紙のデザインや色を‘‘全て同じ‘‘にしてしまえばあまり悩むことも少ないかとは思います。でも、せっかく新築・リフォームするのであれば、やっぱり「オシャレ」に「生活が楽しくなるような空間」にしたいという気持ちも出てくるのも人間。

 

ではどうしたらいいのか?

 

良いと思うインテリアをそのまま真似するのも一つ。

 

家を建てたい・リフォームしたいと思ったら、モデルハウス、インターネットや雑誌などで施工実例やインテリア事例をたくさん見ること(目を肥やすこと)のも一つ。

 

業者の施工会社(建築会社やリフォーム会社)によっては、専任の「インテリアコーディネーター」さんや「カラーコーディネーター」さんがいます。そういった専任担当者がいなくても、経験豊富な営業さんや建築士さんがいらっしゃいます。

そういったプロの人に自分たちの要望をぶつけて提案してもらうことも一つです。

 

 

最後に

内装やクロスなどを決めにあたって「どのように考えておくか」といわれれば・・・

【家を建てよう・リフォームしようと思ったら、ある程度はその段階からインテリアを色目も含めてイメージしておくこと!】。

こうしておくことで、「いざ決める」というときにも悩むことも少なくなります。

 

いずれにしても最終的には「自分たちが決定」することになりますが、後悔しないような素敵なインテリアを目指しましょう!

 

 

過去記事も参考になればどうぞ!

 

fumigucci-1.hatenablog.jp

 

fumigucci-1.hatenablog.jp

 

fumigucci-1.hatenablog.jp