読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人が読みたいブログ

生活を楽しくするような小ネタ、ニュースを掲載するブログ

追加レビュー アルミバンパー【DECASE for XPERIA Z3】

スマホ アプリ レビュー
スポンサーリンク

 以前このブログでも紹介した、ソニーのスマホ「XPERIA Z3」用のアルミバンパーケース【DECASE for XPERIA Z3】レビュー記事。

fumigucci-1.hatenablog.jp

 

今回はその記事の追加補足です。

具体的には、次の3つの項目。

  • ガラスフィルム」の装着感について
  • 「サンワサプライ製のマグネット充電アダプター」の使用感
  • 「純正卓上ホルダー」の使用感

これらは前回の記事の中でも触れた部分ですが、実際にこのバンパーケースを装着(使用)して約1ヶ月が経つので、その使用感も含めた追加レビューします。

 

 

DECASE for XPERIA Z3

詳細は、前回の記事を参照ください。

販売元はCROY合同会社。

カラーは、「ブラック」「シルバー」「ゴールド」「レッド」「カッパー」「シルバーグリーン」の計6色。

Amazonでも楽天でも購入できます。

 

価格は少し高めですが、精度も高い作りで、おススメのバンパーケースです。

 

 

「ガラスフィルム」の装着感について

DECASEと合わせて購入・装着したのが「ガラスフィルム」。

バンパー型のケースということでキズ防止の意味合いもあって前面・背面の両面にフィルムを装着しました。

 装着したのは「WANL OK」の両面セット(前面にカメラ穴ありタイプ)。

1枚の厚さは0.3mmなので、両面貼ると合計で0.6mm厚くなります。

もともとDECASE自体が本体より厚くできているので、このガラスフィルムを両面に貼っても、DECASEに余裕あり。

ガラスフィルムを貼ってもケースの厚み内で収まっているので、床に落下してもフィルム本体が床に接触することはありません。

 

また、ガラスフィルムとケースの干渉はないので、干渉してフィルムの端部が割れるということもありません。

 

そして、このケースにしてからガラスフィルムの端が欠けない

ケースを使わずガラスフィルムだけで運用している人、ガラスフィルムと背面ケースで運用している人などは経験ありませんか?・・・ガラスフィルムの端の欠け。

ガラスフィルムを貼っていても、手帳型以外のケースの場合の運用の場合、フィルムの端が欠けるという話はネットなどのレビューでもしばしば目にします。

私もこのDECASEにするまでガラスフィルムの端の欠けに悩まされました。以前使ったものは、1枚目は2日ほどで、2枚目は半日で欠けました。。。正直これは仕方ないのかと思ってましたが。。。

DECASEにしてからは、カバンの中に無造作に入れておいても、結構乱暴な取り扱いをしても、今のところガラスフィルムのひびや欠けは一切出ていません。

これはこのケースにして良かったことの一つです。

 

 

「サンワサプライ製のマグネット充電アダプター」の使用感

XPERIAの最新シリーズZ4では、充電のUSB端子もキャップレス防水になったのでこんなアイテムは必要ありませんが、Z3以前のシリーズのユーザーには便利なモノ。

それがmicroUSBケーブルを簡単に専用マグネット端子に変換するアダプター。

SANWA SUPPLY Xperia用充電変換アダプタ (microUSB-充電端子) ブラック AD-USB21XP

SANWA SUPPLY Xperia用充電変換アダプタ (microUSB-充電端子) ブラック AD-USB21XP

 

前回の記事でも触れましたが、利用については全く問題なし。

サンワサプライ製のものにはアダプターケーブルを固定させるように「クリップ」が附属しています。バンパーケースの厚みが出ますが、このクリップの装着も問題ありません。

アダプターの装着感や固定感について言えば、むしろこのDECASEを付けた時の方が、より動きずらくなり、アダプターの使い勝手は以前よりも増しました!

f:id:fumigucci_1:20150708111016j:plainf:id:fumigucci_1:20150708111015j:plainf:id:fumigucci_1:20150708111001j:plain

 

 

「純正卓上ホルダー」の使用感

ソニー純正の卓上ホルダーの利用ができるのが、このDECASEの特徴でもあります。

 

まずはDECASEに付属するアジャスター(↓写真上の黒色のプレート)を、純正の卓上ホルダーにセットします。

f:id:fumigucci_1:20150617094536j:plain

純正のアタッチメントを外し、付属のアジャスタープレートを固定させます(↓)。以上で準備完了。

f:id:fumigucci_1:20150708111007j:plain
f:id:fumigucci_1:20150708111006j:plain

卓上ホルダーに本体をセットしたところ。

卓上ホルダーと本体とは2mmほどの余裕があります。ガラスフィルムを貼っていても全く干渉もありません。

f:id:fumigucci_1:20150708111008j:plain

この卓上ホルダーを利用するとき、今まではマグネット端子を合わせる位置決めが意外と煩わしかったりしてあまり活用していませんでした。

でもこのDECASEにしてからは、すんなりハマってくれる(合ってくれる)ので卓上ホルダーの利用頻度も増えましたよ!

 

 

最後に

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社で販売しているエクスペリアの最新シリーズの「XPERIA Z4」(海外では「Z3+」の名称で販売されているようですが。。。)。Z4は発熱問題などもあったり、スペックも大きく進化していないことなどからZ3の人気もまだまだ衰えを感じさせません。というか、Z3も発売からまだ1年も経過してませんしね。

 

このDECASEは、今回紹介した「エクスペリアZ3」用だけでなく、「Z3 compact」「Z2」「Z1」、「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」用も販売されてます。

また、最新の「エクスペリアZ4」用は現在開発中で7月には販売開始予定とのことです。 

メーカーサイト・・・CROYモバイル

 

DECASEを使い始めて1ヶ月ほど経っての細かい部分の追加レビューの記事になりましたが、製品自体非常に満足。個人的には減点ポイントもありません。

スマホケースは様々なさまざまな種類がありますが、その中でも「バンパー型のケース」を希望されている人には、このDECASEはおススメですよ!是非ご検討ください!