読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人が読みたいブログ

生活を楽しくするような小ネタ、ニュースを掲載するブログ

子供の写真整理【無印良品の264枚アルバム】でサクサク!

スポンサーリンク

皆さんは写真の整理に、どんな「アルバム」を使ってますか?

 

我が家では特には子供(現在9歳)の写真がメインにはなりますが、それなりの枚数の写真があります。妻と結婚前に旅行した思い出や、子供が産まれて現在に至るまで思い出をプリントした写真がおよそ2,700枚。。。

この枚数が多いか少ないかは何とも言えませんが、これだけの枚数の写真をアルバムにまとめるとなると、それなりの冊数と保管スペースが必要になります。 

f:id:fumigucci_1:20151108194537j:plain

 

今回はそんな写真のアルバムの話題ですが、最近我が家で使い始めた、

印良品」の『ポリプロピレンアルバム L判・264枚用』 を紹介します。

 

もくじ

 

 

 

以前に使っていたアルバム

アルバムの中でも、特に子供のアルバムとしては、最初は「ナカバヤシ」の『フエルアルバム(アルバム ドゥ ファビネ)』を使ってました。  

 

シンプルだけど高級感もある布表紙に、中身は写真映えのする黒台紙のフリーアルバムです。アルバムの中でも人気のあるシリーズです。

f:id:fumigucci_1:20151107132416j:plainf:id:fumigucci_1:20151107132422j:plain
Photo by 大人が読みたいブログ

見開きにすると、L判で12枚が入るフリータイプの台紙は、いわゆるアルバムの定番型のサイズ。

 

このフリーアルバムはページの追加もできますが、個人的に一番良いと思う特徴は、ズバリ ‘‘写真の大きさに関係無く台紙に貼ることができる‘‘ こと。

一般的な L判サイズ・DSCサイズ から、保育園・幼稚園や小中学校などの学校写真で使われるような 2Lサイズ や キャビネサイズ まで、しっかり対応ができます。

 

しかし個人的に思う難点は、‘‘厚さがあってかさばる‘‘こと。

このアルバム、標準では10枚分の台紙(L判だけで120枚)が入って背巾は27mm。台紙をもう10枚追加すると約10mmがプラスされ、合計の背巾は約40mm弱。

L判だけを貼ったとして、20枚の台紙だと240枚の写真が入りますが、我が家の場合(2,700枚)では約12冊が必要。そのアルバムを12冊並べると約50cmの本棚スペースが埋まってしまいます。。。今後のことも考えると、これが結構悩み。

 

 

無印良品のアルバムに鞍替え

・・・と、先述したナカバヤシのフリーアルバムを使っていましたが、最近、無印良品の『ポリプロピレンアルバム  L判・264枚用』に鞍替えし、写真も全て入れ替えしました。

www.muji.net

f:id:fumigucci_1:20151107132418j:plain
f:id:fumigucci_1:20151107132421j:plain
Photo by 大人が読みたいブログ

 

鞍替えした大きな理由は「収納スペースを減らしたい」ことと、フリーアルバム特有の「フィルムを剥がして写真を貼って、またフィルムを戻す手間」が面倒になったこと。。。

そして、数あるアルバムからこの無印良品のアルバムを選んだ理由は、インターネット上での使い勝手の評判・レビューが良いことが決め手です。

 

 

無印良品のアルバムの良い点

実際にこのアルバムを使ってみて、良かったと感じる点。

  • アルバム1冊でL判サイズが 「264枚」 も収納できる。
  • こんなに大量の写真が入るアルバムなのに「背巾15mm」と薄いので、結果として本棚などの収納スペースが抑えられる(減らすことができる)。 ⇒ フリーアルバム(台紙20枚タイプ)に比べ、1冊あたりの写真収納量はL判で24枚増え、背巾は約半分以下のスペースになった。
  • 見開きで12枚の写真が見ることができるので、アルバムとして写真が見やすい。
  • サイドイン型のポケット式なので、写真の出し入れがしやすい(整理もしやすい)。
  • 大きなポケットページ(前後に各1枚、計2枚)もあるので、大きなサイズの写真(学校写真など)や写真データを入れたDVD・CDなども一緒に保管できる。
  • アルバム本体の価格が安い(1冊・税込578円/2015年11月現在)。⇒この先写真がどんどん増えても、アルバム代がさほど気にならない。
  • 無印良品の製品なので、大きなモデルチェンジや廃盤になることが少ないと考えられる(何年経っても同じ製品を購入することができる)。
  • フリーアルバムのように写真の配置・レイアウトなどを考えなくても、写真をサクサクとポケットに収納・整理してしまえばいい。

 

↓↓我が家の本棚にあるアルバムの保管スペース。無印良品のアルバムに変えたら単純に半分以下になりました♪

f:id:fumigucci_1:20151107132424j:plain

 

 

無印良品のアルバムの不便な点

次に実際に使ってみて、不便?と感じる点は2つ。

  1. ポケット内寸が約97×130mm。L判サイズに合わせた大きさなので、L判以外の大きさの写真は使いづらい。・・・DSCサイズだと縦方向に余裕がありすぎ。LWサイズだと横方向でポケットから写真がはみ出る。
  2. ポケット方式の為、アルバムのページをめくっている際に写真がズレることがある。

 

・・・と、2つ不便を挙げましたが、

  • 1つ目の写真サイズはL判プリントを基本とすれば問題ないですし、
  • 2つ目の写真がズレるというのも、写真がアルバムから落ちるということは無いので、これは個人的には許容範囲。よって、さほど問題は無い。

という程度。

 

 

シンプルが「使いやすい?」「 使いづらい?」

この無印良品の『ポリプロピレンアルバム』、無印良品のモノらしく、非常にシンプルで飾りっ気は一切ありません。

「シンプルが好きな人」、また「写真を効率的に整理したい人」・「サクサクと簡単に整理していきたい人」、「写真整理が億劫な人」にはおススメできるアルバム。

 

しかし、アルバムを「個性的に」「手作り風に」「可愛らしく」「手間をかけて仕上げたい」という人には物足りなかったり、もしかしたら使いづらいと感じるかもしれません。。。

 

 

最後に

個人的意見として感想を書きましたが、我が家の場合は結果として無印良品のアルバムは最良のアルバムになってくれました。

 

ただ、以前使っていたフリーアルバム(ナカバヤシのフエルアルバム)が悪いということは決してありません。単に整理が面倒になってきた我が家の問題や収納スペースに合わなかっただけ。。。

ナカバヤシのフリーアルバム(フエルアルバム)は黒台紙のため写真の見栄えも良く、またフィルムで写真を密閉するのでメーカーが‘‘100年台紙‘‘と謳うほど「写真の保存・保管」という観点からも、アルバムとしてのレベルは、無印良品のアルバムよりはかなり上だと思います。

家庭用のインクジェットプリンターでプリントした写真は長期保管の中では色褪せなどに違いが出やすくなると思うので、そのような写真が多い場合はフリーアルバムの方が向いているかもしれませんね。

 

アルバムの種類やタイプは様々ありますし、写真の印刷方法などでもどんなアルバムにするか考えたいものですが、是非ご自身やご家庭にあったアルバムを使って写真の整理をしてください♪

 

 

ナカバヤシ ドゥファビネ フエルアルバム Lサイズ ブラウン アH-LD-191-S

ナカバヤシ ドゥファビネ フエルアルバム Lサイズ ブラウン アH-LD-191-S