読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人が読みたいブログ

生活を楽しくするような小ネタ、ニュースを掲載するブログ

長野県内のスキー場を【おトク】に楽しむ4つのワザ!

アウトドア ローカル(長野県) レジャー
スポンサーリンク

本格的なウィンタースポーツシーズン到来!!

 

小学生の子供のいる我が家でも、冬になると夫婦と子供の3人でスキー場に出かけるようになります。

私が現在住んでいるのは長野県松本市なので、もっぱら出掛けるのは自宅からも近いMt.乗鞍や白馬方面のスキー場が多くなります。

 

元々がスキー場に近い地域に住んでいるのもあり、スキーといえば日帰りがほとんどなので宿泊費や交通費が抑えられますが、それでも家族3人でスキー場に出掛けるとなると、リフト券や食事代、はたまたスキー終わりの温泉の入浴代など・・・、意外と出費も膨らみます。

 

そこで今回は『長野県内のスキー場を子供や家族・仲間と【よりお得】に楽しむ4つのワザ』と題して、我が家でも活用しているおトク術(!?)をご紹介します。

もちろん、この記事は‘‘長野県のスキー場に来られる県外の人たち‘‘にも使ってもらえるものなので、おトクに長野県でスキー・スノボーを楽しんじゃいましょう♪

 

 

得ワザ1:信州スノーキッズ倶楽部

f:id:fumigucci_1:20151216110634p:plainf:id:fumigucci_1:20151216110635p:plain

出典:http://www.snow-kids.net/

一つ目は小学生の子供さんがいるご家族向けのお得情報。

まずは「信州スノーキッズ倶楽部」への入会です。

これは小学生なら誰でも入会OK! もちろん長野県以外に住んでいる小学生でも入会できるので、小学生の子供さんがいて、長野県にスキーに行くという人には絶対おすすめの会員です。

 

入会資格は小学生、そして入会には年会費が1,000円かかりますが、年会費を払っても元が取れる入会特典が大きな魅力です。

 

~信州スノーキッズ倶楽部の6大特典~

  1. 長野県内スキー場 無料リフト一日引換券(小人券)
  2. スクールレッスン 1,000円補助券
  3. 会員・ファミリー/スキー・スノボ用具レンタル 500円割引券(3枚)
  4. 会員・ファミリー/リフト一日券 500円割引券(3枚)
  5. ポイントカード(ポイントをためて無料リフト一日引換券(小人券))
  6. 会員・ファミリー/温泉入浴割引券(3枚)

子供のリフト一日券の引換ができる事だけでも、この会員になることのメリットです。普通にスキー場に行けば子供のリフト一日券だって2,000円位はしますからね。入会金の1,000円を払っても、充分に元がとれちゃいます!

また、特典の中には会員家族でも使えるリフト券割引もあるので、一緒に行く大人もトクしちゃえます。

シーズンに1回だけしか家族でスキーに行かないよ、という人でも確実にメリットが受けられるのが、この「信州スノーキッズ倶楽部」。

 

入会も簡単。公式ホームページで申し込みができ、支払いはクレジットカードかコンビニ決済。入金が確認できれば1週間程度で会員証などが自宅に届きます。

長野県でのスキーの計画があれば、少し早目に申し込みしておきましょう!

 

<信州スノーキッズ倶楽部 公式ホームページ>

2015-2016 信州スノーキッズ倶楽部


 

得ワザ2:スキーこどもの日

これも主に小学生の子供さんがいるご家族向けのお得情報。

二つ目が「スキーこどもの日」の活用。

長野県内のスキー場の多くが「スキーこどもの日」を設定しています。大体のスキー場で毎月第3日曜日設定していて、その日は小学生以下のリフト券が無料となります。

 

スキー場によって設定日や特典などに違い(場所によっては中学生以下リフト無料だったり)があります。事前に各スキー場のホームページなどで確認はしていただきたいですが、この日を狙ってスキー場へいくこともお得に楽しむ一つの手ですよ♪

 

 

得ワザ3:「雪マジ!19」&「雪マジ!20」

三つ目は19歳・20歳の人限定のお得情報。

19歳・204歳の人だとリフト券が無料・割引になるのが「雪マジ!19」&「雪マジ!20」

f:id:fumigucci_1:20151216110636p:plain
出典:https://majibu.jp/yukimaji19/pc/index.html

 

これはリクルートが展開する「マジ☆部」のコンテンツの一つ。

学生世代の皆さん(18歳~22歳世代を中心に24歳世代までが対象)限定で、「0円」で感動体験、を提供するサービスです。「マジ☆部」アプリ(無料)の利用によりサービスを受けられます。各世代向けにさまざまなコンテンツをご用意しております。

引用:https://majibu.jp/faq.html

 

具体的にはこんな感じ。

  • 「雪マジ!19」では19歳はリフト券がタダ(無料)!
  • 「雪マジ!20」では20歳はリフト券が最大半額!

対象となるスキー場が限定されたり、サービスの除外日などもありますが、学生世代の人たちには嬉しいサービスですよね。

 

使い方は、

事前に「マジ☆部」アプリをダウンロードの上、リクルートIDへの会員登録(関連するお得サービスへの利用登録も含みます)が必須

引用:https://majibu.jp/faq.html

スマホへアプリをダウンロードして登録するだけなので簡単!
ただし対象年齢が限られているので、そのあたりはホームページをしっかり確認の上、利用して下さいね。

 

<雪マジ! 公式ホームページ>
雪マジ!19~SNOW MAGIC~19歳は全国190ヵ所のゲレンデでリフト券がタダ!!
雪マジ!20~SNOW MAGIC~20歳は全国70ヵ所以上のゲレンデでリフト券が最大半額!!

 

<「マジ☆部」 アプリ>

 ■Android端末の方はこちら(Google Playへリンク)

 ■iPhoneの方はこちら(App Storeへリンク)

 

 

得ワザ4:スキー場独自のリフト券割引サービス

四つ目は、長野県内の‘‘とあるスキー場‘‘限定の内容になります。

とあるスキー場というのが長野県松本市の乗鞍高原にある‘‘Mt.乗鞍スノーリゾート‘‘スキー場。このスキー場独自の割引リフト券がかなりおトク!

この記事のタイトルの対象が長野県とはいえ、その中の一つのスキー場に特化した内容になってしまいますが、条件に該当する人はお得に滑ることができます♪

 

そのお得サービスの一つが「松本Plus券」

これは長野県の「松本市」・「塩尻市」・「安曇野市」・「朝日村」・「山形村」に住んでいる方、そして松本市の姉妹都市の「岐阜県高山市」・「神奈川県藤沢市」・「兵庫県姫路市」に住んでいる方はいつでもリフト1日券料金がかなりお得なことに!

  • 高校生以上 2,800円 (通常 大人4,100円/高校生3,100円)
  • 中学生以下      500円 (通常 小・中学生 2,000円)

いかがですか!? 該当市にお住いの人にはお財布にうれしいリフト券ですよね!

 

なお、この松本Plus券は、上記の該当市に在住の方に限定されます。チケット購入時に、在住の証明書(免許証とか保険証などでOK)の提示も必要になりますので、ご利用の際は証明書関係をお忘れなく♪

 

さらに、この‘Mt.乗鞍スノーリゾート‘‘では平日を中心に「日替わりでリフト券の割引サービス」も行っています。これがもう一つのお得サービス。

f:id:fumigucci_1:20151216110637p:plain
出典:http://www.norikura.co.jp/snow/

  • 月曜日:レディース割(対象:女性)
  • 火曜日:長野県民割(対象:長野県民)
  • 使用日:誰でも割(対象:誰でも)
  • 木曜日:シニア割(対象:55歳以上)
  • 金曜日:遠くでも割(対象:長野県民以外の方)
  • 2月・3月の平日:学生平日割(対象:大学・短大・各種専門学校生)

 

ここのMt.乗鞍スノーリゾートスキー場は、松本Plus券や各種リフト券割といったお得サービスが魅力な点、また私の自宅からも比較的アクセスしやすい為、我が家のホームゲレンデとなっているスキー場。

一般的にも、松本市街地からのアクセスも良く、標高も高い場所にあるため雪質も良いスキー場として知られています。また乳白色のお湯が特徴の日帰り温泉施設「湯けむり館」があったり、もちろん県外から来た場合でもスキー場周辺には温泉付きの旅館やペンションなど宿泊施設も多くあります。日帰りから宿泊まで対応が可能なスキー場ですよ!

 

<Mt.乗鞍スノーリゾート 公式ページ>
Mt.乗鞍スノーリゾート | 信州・松本 天空のスノーリゾート

 

ここではMt.乗鞍スノーリゾートでの割引サービスをご紹介しましたが、他のスキー場でも独自のサービスを行っていると思います。スキー場に行く前には、まずは予定しているスキー場のホームページなどはチェックしてみるといいですよ!

 

 

最後に

今回の記事、いかがでしたでしょうか!?

‘‘長野県内のスキー場を子供や家族・仲間と【よりお得】に楽しむ4つのワザ‘‘としていくつかのワザを紹介させていただきました。

この記事で書いたことは、長野県限定の内容もあれば、長野県以外でも使える内容も含まれています。それぞれちょっとしたことですが、事前に調べて準備しておけばよりお得に楽しむことができますよね。また、今までと同じ出費でより多い回数スキー場へ出掛けることだってでちゃいますよ。

 

これからのスノーシーズン、楽しく滑って、良い思い出を作りましょう!!!

 

 

~関連記事~ 

fumigucci-1.hatenablog.jp

fumigucci-1.hatenablog.jp