読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人が読みたいブログ

生活を楽しくするような小ネタ、ニュースを掲載するブログ

スキー・スノボーゴーグル【AXE AX960-ECM】 レビュー!スペアレンズ付きでお得!

アウトドア ファッション レジャー レビュー
スポンサーリンク

本格的なウィンタースポーツの季節到来!!

スノーボーダー、スキーヤーにとっては待ちに待った季節の到来ですね♪

f:id:fumigucci_1:20170104163749j:plain

そんな私もこの季節を待ちわびたスキーヤー・スノーボーダーの一人です。

 

毎年このウィンターシーズンを迎えるにあたって、道具の確認をするのですが、道具の中でもう限界を迎えてしまったものが出てきました・・・。それが「ゴーグル」。

昨シーズン中もそろそろ新しいものをと考えていたので、シーズンに入る前に新しくしちゃえと言うことで、おニューのゴーグルを購入しました。

 

それが、AXE(アックス)の『AX960-EMC』

AXE(アックス) AX960-ECM 2017年モデル メンズ スノー・スキーゴーグル BKB

 

 

これが結構調子いいので、今回の記事は、このAXE(アックス)の『AX960-EMC』のレビューをしちゃいます!

AXEのゴーグルをご検討の人、参考にしてみて下さい!

 

 

AXE AX960-EMCの附属品

AX960-EMCは、ゴーグル本体(ピンクミラーレンズ)のほか、スペアにもなるイエローレンズと、ヘルメット対応ベルトが附属します。

f:id:fumigucci_1:20170103163954j:plain

f:id:fumigucci_1:20170104164719j:plain

f:id:fumigucci_1:20170103164237j:plain

標準レンズ(私の購入したのはピンクミラー)のほか、イエローレンズが附属するので、このゴーグル一つで晴天から天候に合わせたレンズチョイスが出来るのは嬉しいです。

 

 

AXE AX960-EMCの特徴

スキー・スノーボードのゴーグルをスポーツ用品店に探しに行くと、様々なブランドのモノがディスプレイされています。

OAKLEY(オークリー)、DRAGON(ドラゴン)、SWANS(スワンズ)、UVEX(ウベックス)などなど。

その中でこのAXE(アックス)は日本企業のブランド。

ジャパンブランドだからこそ出来る日本人のための企画・開発。
あらゆるスノーシーンに対応するAXEテクノロジー
引用:http://www.axe.co.jp/company/

個人的に海外メーカーだから云々ということではありませんが、実際に試着してみてしっくりきたのが、このAXEでした。 

f:id:fumigucci_1:20170103163954j:plain

 

では、このAX960-EMCの主な特徴は・・・、

  • 球面ポリカーボネイトダブルレンズ(曇り止め加工)
  • ヘルメット対応
  • クイック・エクスチェンジ・システム
  • アジャスタブルノーズ

 

ダブルレンズ

ダブルレンズ。これはゴーグル選びの定番ではないでしょうか。

シングルレンズのゴーグルは値段も安めですが、滑走シーンでも曇りやすく、ゴーグルが曇るということは滑っていても非常にストレスが溜まります。私は晴れの日でも雪の日でもゴーグルが曇って視界が悪くなることが嫌なので、ダブルレンズは必須です。

 

ヘルメット対応

ヘルメット対応・・・、これは人によって必要かどうかは分かれるかもしれません。

日本では一昔前は一般スキーヤー・スノーボーダーでヘルメットをかぶる人は少なかったように思いますが、ここ最近は安全面の意識の高まりもあり、ヘルメットの着用をする人も多くなりました。

私はヘルメットを着用して滑るので、このヘルメット対応は必須です。

 

AX960-EMCのベルトは交換式。ヘルメット対応ベルトが附属します。

f:id:fumigucci_1:20170103164931j:plain

ワンタッチで着脱できるので、ノーマルのベルト、ヘルメット用ベルトを使い分けが出来ます。

f:id:fumigucci_1:20170103164935j:plain

他メーカーのゴーグルの多くは、一つのベルトでヘルメットも対応させるものが多いので、その都度ベルトの長さを変えなければいけませんが、このAX960-EMCだと、ベルトそのものを変えることで、シーンに合わせて使い分けが出来ます。

また、ヘルメットを使うことでベルトが伸びてしまい、ヘルメットを着用しないときにベルトのゴムがぶかぶかになってしまうというような悲しくなることも防げます。

 

クイック・エクスチェンジ・システム

①レンズ交換

ゴーグルのフレーム上部の左右にあるボタンを押すことで簡単にレンズが外れます。スペアレンズとの交換も簡単!

ボタンにはストッパーもついているので、滑走シーンや転倒などでレンズが外れるということもありませんよ。

f:id:fumigucci_1:20170103164313j:plain

f:id:fumigucci_1:20170103164932j:plain

f:id:fumigucci_1:20170103164933j:plain

 

②ベルト交換

ベルトのサイドパーツのトリガーを押すことで、ベルトが外れます。付属のヘルメット対応ベルトに交換も簡単にできます!

f:id:fumigucci_1:20170103164934j:plain

f:id:fumigucci_1:20170103164935j:plain

 

アジャスタブルノーズ

アジャスタブルノーズとは、自分の鼻に合わせて「高さ」と「幅」の調整ができるノーズパッド。

簡単に自分の顔に合わせることができ、フィット感が高まります。

f:id:fumigucci_1:20170104180216j:plain
出典:http://www.axe.co.jp/

 

 

実際に使ってみての感想・レビュー

今シーズン、数日使ってみての感想・レビュー。

数日滑りましたが、その天候は・・・

  • 少し気温の高めの晴天
  • 曇り
  • 降雪

と、ゴーグルレビューにとっては最適(?)なシーンに分かれました。

レンズは、晴天・曇りの日は標準のピンクミラーレンズ。降雪時に付属のイエローレンズを使い分けしました。

ゴーグルの基本中の基本の「視界」は・・・、視界も広く、レンズの天候によって使い分けが出来るレンズによって、ゲレンデの雪面の状況も分かりやすいものでした。

また、気温が高めの日や降雪時などはゴーグルの曇りが出やすい状況になりますが、一日を通してレンズに曇りが出て視界が悪くなることもなく快適です。

 

アジャスタブルノーズは、一度セッティングしてしまえばいいので、その都度の調整も必要ありませんが、滑走中もゴーグルがズレることも無く、妙な隙間が出来て風が入り込むこともありません。ただ、個人的にはゴーグルそのものが顔にフィットしているので、この機能の恩恵があまりないかもと思うのも事実です。

 

ベルトの交換は非常に簡単。ノーマルベルト・ヘルメット用ベルトの使い勝手ともに不便も無く、個人的には◎です。

 

 

最後に

スノーボード・スキーのゴーグル選び。安いものから高いものまであります。

シングルレンズかダブルレンズか。レンズカラーを何色にしようか。メガネ対応?ヘルメット対応?などなど人によって好みや選び方も変わります。

また最近は海外メーカーもジャパンモデルと銘打って、日本人の顔にフィットするような形状のゴーグルもリリースしています。

 

一般的に、オールラウンドで使えるゴーグルというと・・・、

「天候に左右されずに雪面が見やすいピンクやオレンジ系のレンズ」で

「曇りにくいダブルレンズ」

といわれます。

その面では、このAXEのAX960-EMCは、イエローのスペアレンズやヘルメット対応ベルトも付属していることを考えると、様々な天候やシーンに対応しやすい万能ゴーグルだと思います。

レンズも簡単に取り外しも出来るので、レンズのメンテナンスやケアもしやすいのも特徴です。

AXEはスポーツ量販店にもおいてますので、これからゴーグルを購入予定の人は是非試着してみてください♪