読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人が読みたいブログ

生活を楽しくするような小ネタ、ニュースを掲載するブログ

バンパーケース【DECASE for XPERIA Z3】レビュー

スマホ アプリ レビュー
スポンサーリンク

こんにちは。

私はスマホはドコモの『XPERIA(エクスペリア) Z3』を使ってます。

 

『エクスペリア Z3』は2014-15の秋冬モデルとして発売され、本日(2015/6/17)現在では2015年夏モデルとして最新機種の【Z4】もドコモ、au、ソフトバンクと各社から発売されてます。そんないまさらのZ3のネタ・・・ですいません。

 

Z3を購入してから約7ヶ月。その間にスマホのケースはドコモの「専用ブックタイプケース」→エレコムの「シェルカバー」と使用していましたが、いまいちしっくり来ない・・・。

それでも使い続けているシェルカバーも傷だらけになってきたので、そろそろ新しいケースが欲しいなと探していたら、目に留まったのが、CROY mobileのアルミニウムバンパーケース『DECASE』! これです↓↓ 

 

 

DECASE for XPERIA Z3(SO-01G/SOL26/SoftBank/シムフリー対応)

DECASEは、アルミニウム製のバンパーケース。

精密機器メーカー技術の結晶 誤差精度0.05mm以下を実現した高精度アルミニウムバンパーケース DECASE for Xperia Z3

引用:DECASE for Xperia Z3 アルミニウムバンパー・ケース | CROYモバイル

ドコモ、au、ソフトバンク、シムフリー機種まで対応してます。

 

製品の特長としては・・・、

0.01mmの誤差も許されない工業用技術を応用し、流体力学デザインで制作されたアルミニウムバンパーケースDECASEは、緩みのないフィット感でXperia Z3との一体感を実現。

 

金属製ケースの最大の弱点である電波干渉対策を徹底追求。スマホ内蔵通信アンテナ位置、電波の「流れ」を考慮したアンテナホール加工等を実施。金属ケースとしては世界最高峰の低電波干渉率を実現。

 

安易にサイドボタン部をくり抜くこと無く、サイドボタンもアルミニウムで再現しフルガード。Xperia Z3の使用感を損なわずにスタイリッシュなデザインを実現

 

アルミニウムの耐食性、耐摩耗性を向上させるアルマイト加工(陽極酸化)は、台湾メーカーHTCが採用するアルマイト加工企業に依頼。メタリック感を抑えたマットで大人な色合いを再現

 

バンパーを装着したままXperia Z3純正マグネット式チャージングドック(卓上ホルダー)の使用が可能です。使用する際にはドックのアダプター(脱着可能)を取り外し、DECASEに付属するアジャスター(プラスチック版)をドックに取り付け充電を行ってください。

 

Xperia Z3本体のストラップホール部はDECASEの仕様上ご使用頂けません。DECASE下部のストラップホールをご使用ください。

引用:DECASE for Xperia Z3 アルミニウムバンパー・ケース | CROYモバイル

と、ここまでの内容が私の希望にすべて当てはまるものだったので、迷いなく購入です。

 

ちなみにケースのカラーラインナップは、

  • ブラック
  • レッド
  • シャンパンゴールド
  • カッパー
  • シルバーグリーン

私は本体色が「カッパー」なので、ケースも「カッパー」をチョイスしました!

 

DECASEレビュー

DECASE、届きました。

f:id:fumigucci_1:20150617094522j:image

 

附属品は「六角レンチ(1号サイズ)」「ネジ4本(予備2本含む)」「マグネット充電機用アジャスター(プラスティック製)」。

f:id:fumigucci_1:20150617094524j:plain

f:id:fumigucci_1:20150617094536j:plain

 

バンパーの裏にはクッション用のシートが貼ってあります。こまかい部分ですが、本体のキズ防止や、万が一の落下の際のクッションにもなりそうです!
f:id:fumigucci_1:20150617094533j:image

 

バンパーケースの「ストラップホール」。ストラップ派には嬉しい装備ですね!
ちなみに位置は、下部の右側になります。

f:id:fumigucci_1:20150617094530j:image

 

電源ボタン、音量ボタン、シャッターボタンはシルバーです。
f:id:fumigucci_1:20150617094534j:image

 

上部は、イヤホンジャックと電波干渉対策にくり抜かれてます。
f:id:fumigucci_1:20150617094531j:image

 

左側。純正卓上ホルダー用接触端子部分、Micro-USBポート部分は開口です。

純正の卓上ホルダーは、附属のアジャスターを使うことで利用可能。

また、サンワサプライ製のマグネット充電器も問題なく利用可能でした!
f:id:fumigucci_1:20150617094527j:image

SANWA SUPPLY Xperia用充電変換アダプタ (microUSB-充電端子) ブラック AD-USB21XP

SANWA SUPPLY Xperia用充電変換アダプタ (microUSB-充電端子) ブラック AD-USB21XP

 

 

バンパーケースの装着後。

工業用技術を応用したと謳っている通り、バンパーの精度は非常に高いです。継ぎ目も2か所ありますが、じっくり見ないとわかりません!

f:id:fumigucci_1:20150617211126j:plain

 

背面から。

本体色より濃いカッパー色のバンパー色です。写真ではわかりづらいですが、新品の10円玉のようなきれいな発色!

本体のカッパーにも良く合います!イメージ通りです♪

f:id:fumigucci_1:20150617211127j:plain

 

 

まとめ

バンパーケースといってもピンキリの価格。

評価の高いDeff製のバンパーはこれより少しお値段も高く、また個人的には装着時の印象も少し大きな感じもします。

今回のDECASEは価格は6,000円台ですが、作りも精巧ですし、装着してのガタツキや遊びもみられません。

スマホのバンパーケースに迷われているなら、間違いなく「買い」の一品です。

 

装着後は、何もつけない素の本体のZ3よりはひと回り大きくはなりますが、スマートな作りで大きさもあまり感じさせず、しかもネジの継ぎ目もほとんどわかりません。

本体との一体感も非常に高くて質感もアップ!Z3オーナーの満足感も間違いなく3段階はアップしますよ(笑)

 

また今回、バンパー装着に合わせてガラスフィルムを両面に貼りなおしました。

購入したのは「WANL OK」の両面セット(前面にカメラ穴ありタイプ)。

交換保証もあり安心!何よりフィルム装着は、前面・背面ともに本体に非常にぴったりしたサイズ。手触りや操作感も非常にいいです。

そして何より、DECASEのバンパーとの干渉も無いので、端部が割れるといったこともなく、安心してバンパーも取付できますよ!!

 

DECASEは、XPERIA(エクスペリア)シリーズはこのZ3以外にも「Z3 compact」「Z2」「Z1」、そして「iPhone 6plus」「iPhone 6」なども専用品が発売されています。

また最新の「エクスペリア Z4」用も現在開発中とのことなので、Z4ユーザーは少し待ってみてもいいかもしれませんね!

 

Z4が発売されたことで、Z3用のガラスフィルムやケースなどでは価格が下がってきています。フィルムやケースを新しくすると気分も一新するのでZ3ユーザーはこの機会に入れ替えや予備としての購入を検討してはいかがですか!?